スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争について

今日南区民文化センターの図書館に行ってきました。
図書館に入るところにさざなみギャラリーと言う、ギャラリーがあるんですが、そこで今回の展示を見て、これは忘れてはいけないことだと思い、こうしてお知らせを打ったというわけです。


今している展示は「原爆と戦争展」日本の現状もたらした第二次世界大戦の真実を伝える
戦争展表_convert_20111118160217

ごあいさつ↓是非見て下さい。
戦争展裏


展示内容は記事パネルで「原爆」「第二次世界大戦の真実」「沖縄戦の真実」「全国空襲の記録」のことをとり上げ、今の東日本大震災・福島原発事故特集のことも関連で紹介していました。

最初は重たいものを見る気が起きず、そのまま図書館へ行こうと思ってたんですが、展示をされてる方が熱心に記事を配ったりしているので、見ることにしました。そして、見てすぐに先の自分を恥じました。

「これは広島県民いや全日本国民が知っておくべき」だと。



現場に原爆被害にあった被爆者の方がわざわざついてくれ、記事の内容について詳しく説明をしてくれました。

パネルが上から下、横にあいだ無くびっしりと壁面に貼ってありましたが、当時の写真と図解を織り交ぜて記事にしてあったため、惨状がまざまざと写し出されていました。
今ではテレビで流すことは無いであろう、写真がいっぱいで、子供の頃に原爆資料館に行った時のような気持ちに
なりました。
「空襲地マップ」や「民間人の餓死が相次ぐ」「アメリカのいいわけ」等、第二次世界大戦についての記事から「原爆」についての記事に移り、被爆者の方が「火が回らないように建物を壊していた。あと30分落ちるのが早かったら確実にここにはいない」とおっしゃっていたのでぞっとしました。

被爆者の方の「戦争は勝っても負けても惨いものだ」という言葉が心にドスンと圧し掛かりました。

今年の震災、過去の戦争、決して目をそむけてはいけない。若い世代に戦争の事を興味がない人が多いのは、私の気のせいか?
若い世代が引き継いで、その「事実」を後世に伝えていかなくてはいけないと強く思いました。



スポンサーサイト
Nishioka Koji

バナーを作成
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
link 広島を中心に絵本制作に力を入れつつ活動中の「かとうさえ」さんの  ホームページです。          可愛い作品がいっぱ~い☆ i Padを主に使い制作をする    「ココロカイコ」さんのイラストサイトです。                  不思議?可愛い?気になる! ヒロシマで活動するイラストレーター「カエルカバン」さんの キャラクターエルバンとカオリスが繰り広げる  ほのぼの楽しいブログ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。